ホーム遠吠え地方創生・・・都市を住みにくい場所に!

コメント

地方創生・・・都市を住みにくい場所に! — 3件のコメント

  1. 東京一極集中が諸悪の根源だと思います。日本の将来にとって良い訳がないですよね。
    仰る通り「法律によって強制的に人口の流れを変えること」に賛成です。
    「住みやすい都市を住みにくい場所に変えること」は面白い発想ですね。しかし自然とそのようになってきているようです。老朽化するインフラしかり、弱者・高齢者向け社会福祉体制の貧困等、大都市特有の人間性喪失が私的されています。
    社会体制としては、ご指摘の税制の問題もさることながら、本社機能の地方移転や中央省庁の分散、道州制を取り入れて緩やかな連邦国家に移行するなんてどうでしょうか。

  2. 住む場所を選ぶ自由は憲法で保障されています。強制はできないでしょう。
    もともと、地方人は好きで都市に行くのではないと思いますよ。
    地元に残りたい、親の傍にいてやりたいと思っている人がほとんどではないでしょうか。
    生活できる賃金を稼げる仕事がないことが、稼げる都会に行く最大の理由だと思います。
    過疎地は勿論、地方の企業には固定資産税や事業税を低率にする国策をとってやれば、都市より地方で生産する方が企業の利益になる。企業は利益追求が目的だから、多くがその策に乗ると思いますが、いかがでしょうか。
     税率低下で地方の税収が減ると思われますが、新しい企業が来て住民が増えれば、より以上の税収は見込まれると推測します。
    素人の拙い考えですが・・・

  3.  地方人は好き好んで都市に流入するのではないと思いますよ。
    住み慣れた土地、親の傍にいたい人の方が多いはず。
    地方では生活できる稼ぎが出来ないから出来る都市部へ集まるのではないでしょうか。
    地方で企業活動した方が利益になる制度、インフラ整備を国が創れば、企業は自然と地方へ流れると思います。
    結果、固定資産税、住民税などの収入が地方に増える、商店も潤う、国が助成金を出す必要がなくなる…と言う循環が生まれるといいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ログイン